みんなのちいき 繋がる魔法の合言葉「Look! Like! Smile!」

もしも町内自治会がなかったら【防災(ぼうさい)編】

町内自治会は、台風や地震など自然災害発生時の、安心・安全な「ちいきづくり」に貢献(こうけん)しています。皆さんがお住まいのちいきで洪水や土砂崩れなど二次的な被害が発生したとき、危険な場所を把握しておくために常日頃から確認をしています。また皆さんが避難する避難所、避難具など事前の準備や対策を行っています。
しかし事前の準備はモノや、手順だけで良いのでしょうか?
災害が発生した時に予測出来ない現象が起こった事を、熊本に住んでいる私たちは「熊本地震」で見たり、経験したと思います。ご近所に住んでいる方々との協力、自力で避難が困難な方への声かけ、避難所での助け合いなどがとても大切だったことを・・・
このようにいざという時のちいき住民同士の「心のつながり」「人とのつながり」を育むためには、平常時から皆さんが町内自治活動に参加し、住みやすくて安心・安全なちいきを自らが一員となって築いていくこと。活動を通して、ちいき住民同士のコミュニケーションを育むこと。これが事前の準備に必要なのではないでしょうか。
町内自治会活動を住民が支え合う事は、災害発生時のちいき住民の安心・安全にも繋がっています。

もしも町内自治会がなかったら【ごみステーション編】

町内自治会は、ごみステーションやちいきの清掃を行い、住みやすい「ちいきづくり」に貢献(こうけん)しています。ごみステーションやちいきが汚れるとどうなるのでしょう?清掃活動が行われなくなれば、もちろん、害獣(がいじゅう)や害虫(がいちゅう)が発生し、ちいきが不衛生になります。ちいきの景観が悪くなり、異臭など不快な事象(じしょう)がおこります。
それだけではありません。風紀が乱れている場所は、コミュニティーが築けていない事を表します。まさにどろぼうや犯罪者が犯行を行いやすい環境と言えるでしょう。(割れ窓理論)
ごみステーションの清掃や、ちいきを清潔に保ち、自治会活動を住民が支え合う事は、住民の安全にも繋がっています。

みんなのちいきの人たち
みんなのちいき 繋がる魔法の合言葉「Look! Like! Smile!」

ちいきのことを「Look!」見たり、知ったりすることで

「Like!」好きになり、みんなで「Smile!」笑顔になりましょう!

お問い合わせは

熊本市地域政策課
TEL.096-328-2031
chiikiseisaku@city.kumamoto.lg.jp

※ご記入いただいた個人情報は、メールの返信にのみ使用いたします。